オンプレミス型でWebサイトを構築する場合のメリット

セキュリティが強固である

オンプレミス型はサーバーを社内ネットワークの中に構築するため、外部ネットワークに接続する必要がありません。インターネットではなく社内の専用サーバーで通信するため、外部に情報が漏洩する心配がありません。また、導入しているセキュリティシステムをそのまま使用できるため、新たにセキュリティ対策を行わなくても強固なセキュリティが適用されます。サーバーに接続する人数もあらかじめわかっているため、最初に社員の人数に見合う導入しておけば、通信が不安定になる心配もありません。常にスムーズな通信ができるので、ストレスなくWeb会議などを行うことができます。安定した通信環境を保てるのも、オンプレミス型でWebサイトを構築するメリットです。

カスタマイズ性が高い

オンプレミス型でWebサイトを構築すると、カスタマイズ性が高いのもメリットに数えられます。社内で使いやすいようにスケジュール機能や管理画面を変更したり、オリジナル機能をつけてもらったりすることもできます。他のサービスと連携させたり、セキュリティを向上させたりなど、自由にカスタマイズ可能です。会社の成長や運営方針などに合わせ、何度でも変更することができ、自社仕様へと育成していくこともできます。社員の意見を取り入れてどんどん使いやすく変えていけるので、社員への浸透率も高くなります。せっかくWebサイトを構築しても、社員が使いにくい仕様では意味がありません。そういう意味では、オンプレミス型は長く使い続けられるWebサイトを構築できると言えます。