クラウドサービスを使ってWebサイトを立ち上げる際の制作会社の選び方

料金は安ければいいというわけでもない

クラウドサービスを利用したWebサイトを立ち上げようとしたときに、一番気になるのは制作会社に依頼する費用ではないでしょうか?安ければ予算を抑えてWebサイトを作成することができますが、クオリティとのバランスを考えなくてはいけません。料金が安ければ安いほど、どこかでコストを削減しています。企業努力によるものとも言えますが、削った分はどこかでしわ寄せがくるものです。経験の浅いデザイナーを採用したり、フリー素材を使っただけなど、クオリティの低いWebサイトが出来上がる可能性があります。クラウド型のWebサイトは、オンプレミス型よりも費用を抑えて作成することができますが、低価格すぎるのも問題なのです。料金とクオリティのバランスが取れた制作会社に依頼することが大切です。

セキュリティには妥協しない

制作会社によっては、Webサイトの運用を任せることも可能です。Webサイトの運用を一任するときには、セキュリティにも妥協してはいけません。制作会社を選ぶときには、どのようなセキュリティ対策をしているのか確認する必要があります。不正アクセスによるデータ改ざんや情報流出などは、企業にとって致命的なダメージになります。制作会社にWebサイトの作成を依頼するときには、セキュリティ対策への取り組みを十分に把握することが大切です。また、制作会社が作成したWebサイトが、過去にサイバー攻撃の被害に遭っていないのかもチェックしておきましょう。被害規模がどのくらいなのか、被害を受けた後にどのような対応を取ったのかも制作会社を選ぶ際の重要なポイントです。